教会だより  2018.07.01

 今年の夏も猛暑と言われていますが、今月は夏の信行期間の月です。
最近は、暑さ寒さの気温の変化、季節の移り変わりもあまり感じられなくなりましたが、この時期、つい思わぬ暑さに気を取られ、普段の教会へのお参りがおろそかになってしまう時があります。
信行期間は、信心を行動で表し「なんでもお参りをして」と自分に言い聞かせ、前向きにお参りすることでおかげを頂く絶好の機会です。

 健康・経済・人間関係・その他、一つ一つの問題に、「なんでもおかげを」と真剣に取り組みお参りする姿勢に、神様はおかげをくださるのではないでしょうか。

 まずは、日々頂いている身近なおかげにしっかりと感謝しお礼を申し上げ、ここからさらにより一層大みかげをこうむってまいりましょう。

 前ページへ戻る