教会だより  2017.10.01

 ここ近年、残暑が厳しく十月を迎えても暑い日がございましたが、今年は九月に入るや、一気に秋になって日々深まり、一年の内で一番過ごしやすい時期になったといわれる昨今ですが、それでも四季がある日本って改めて素晴らしいと感じます。

 先月はJR尾道駅近くにおいて列車の人身事故が起こりました。
東京に出掛けて電車を待っていると「○○駅で人身事故発生の為に、只今電車の運転を見合わせております」という放送が入ることが頻繁にあります。
こんな放送が入った時に、駅で電車を待っている多くの人は「チェッ」と言って口を鳴らしている人を見かけたりもします。
しかし、この放送があった時に、ある中年の女性は、その事故があった駅の方に向いて静かに手を合わせていたという話を聴いたことがあります。

 私達信心する者として、何か自分に都合が悪いことが起きた時に、どのような態度をとるか、試されているように感じるお話です。
スーパーに牛乳を買いに行った時、つい棚の後ろにある賞味期限の長い物を取って籠に入れてないでしょうか?
本来なら期限の古い物から買わせて頂くのが正しいのかも知れません。

 今月は先代親奥様の例年祭がございます。
先代先生ご夫妻にお喜び頂けるような生き方をしたいものです。

 前ページへ戻る